5つの奉仕

1.クラブ奉仕

クラブ奉仕を通じて会員が親睦を深め、末永い友情を築くとともに、クラブの効果的運営を促進します。

2.職業奉仕

職業奉仕を通じて、職業上の高い倫理基準を保ち、自分の職業を高潔なものにします。

3.社会奉仕

社会奉仕を通じて、地元地域のニーズに取り組み、長期的な改善をもたらすために地域の人々とともに活動します。

  • 寺子屋

    今年度は、栃木県が誇る伝統文化であり、県の特産品でもあるひょうたんを使った”ふくべ細工づくり”を地元の小中学生を中心に体験してもらいました。

  • 東日本大震災関連の支援活動

    陸前高田市立気仙中学校への支援を継続しました。昨年までに現地を3回訪問し、累計1,071,000円の支援金を手渡してきました。

  • 足尾の植林活動

    宇都宮文星なでしこインターアクトクラブの生徒30名を含む、総勢44名で足尾の植樹活動に行ってきました。

4.国際奉仕

国際奉仕を通じて、世界中の人道的ニーズに取り組み、世界理解と親善、平和を推進します。
宇都宮北ロータリークラブは台湾の台北龍華ロータリークラブと友好クラブの締結をしています。

5.青少年奉仕

青少年奉仕を通じて、青少年や若者たちの活動を支援し、次世代リーダー、時代の先駆者、平和構築者を育成します。

  • 留学支援

    世界理解と親善、平和を推進するため、留学の支援を行っています。

  • RYLAセミナー

    次世代のリーダーを育成するために、国際ロータリーのプログラムであるRYLAセミナーに参加者を派遣しています。

  • インターアクトクラブ

    宇都宮文星女子高の文星なでしこインターアクトクラブの活動を支援しています。