会長挨拶

クラブ会長の方針と計画

田村晃RI会長のマーク・ダニエル・マローニー氏は、2019-20年度のテーマを「ROTAY CONNECTS THE WORLD」と宣言し、ロータリーの礎は「つながり」であると述べました。図らずも、マローニー氏はロータリーの創設者であるポール・ハリスと同じアメリカ出身の弁護士であり、「心の渇きを癒すこと」を目的に集まった初期ロータリーの親睦の精神を彷彿とさせると同時に変革の時代に忘れてはならない中核的価値観をも思い起こさせてくれる素晴らしいテーマを発表されました。
今年度は、5年に一度の新しい戦略計画が掲示される年であり、また、3年に一度の規定審議会が開催される年でもあります。さらに、日本のロータリーが創設されてから100周年にあたる記念すべき年でもあり、まさにロータリーが未来に向かって新しい第一歩を踏み出す革新の年だと言えるのではないでしょうか。

今年度、栃木ロータリークラブの川嶋幸雄氏が2550地区のガバナーに就任されました。「無限の可能性」というテーマの下、「革新的かつ創造的なロータリーとして行動して行きましょう」という力強いメッセージを発信され、以下の地区方針と目標を掲げられました。

  1. 1.会員増強への取り組み
  2. 2.子ども問題への取り組み
  3. 3.RLI(ロータリー・リーダーシップ研究会)推進
  4. 4.2019-20年度 ロータリー賞の奨励
  5. 5.ロータリー財団の支援
  6. 6.ロータリー米山記念奨学会の支援

地区目標を実践するため、以下にクラブの具体的な方針を掲げ、活動して参ります。
1.青少年の育成
宇都宮文星なでしこインターアクトクラブを支援し、青少年交換、RYLAへの参加促進と併せて、次世代を担うリーダーの育成に取り組んで参りたいと思います。「寺子屋」や「植樹」など、IACと共同で行なう奉仕活動を企画しますので、多くの会員の皆さまにご参加いただきたいと思います。

2.会員増強
クラブの活力を維持・発展させるためには、「会員増強」は欠かすことのできないものです。今年度は、地区目標に沿って、純増1名以上を目指します。入会を促進するため、クラブのホームページ等を利用して、ロータリーを知らない方々にも興味を持っていただけるよう、クラブの活動や魅力について情報を発信していきたいと思います。

3.出席率の向上
クラブ会員の皆さまが様々なモノの考え方を学ぶ場として、例会を充実させて行きたいと思います。できるだけ多くの会員に卓話をしていただき、例会への出席率の向上と相互理解の促進を図って参りたいと思います。

4.子ども問題への取り組み
昨年、卓話に来ていただき「子ども食堂への支援」を訴えて行かれた北海道夕張市に対し、クラブの有志がふるさと納税という形で支援しました。金銭的な支援だけでなく、子ども食堂が自立して継続されていくための抜本的な仕組み作りを検討して行きたいと思います。実状を調査し、この取り組みが真に地域が望む支援となるよう夕張市役所と連携しながら進めて行きたいと思います。

5.ロータリー活動の推進
ロータリーは、クラブ以外にも様々な活動を行っています。地区においても当クラブの会員がリーダーシップを図り、多くの委員会で活躍されることを推奨します。また、全国で行なわれる活動に際しても、積極的にクラブメンバーが参加し、知見を広めていくことで、少数精鋭の元気なクラブを目指したいと思います。

ロータリーは、さまざまな職業でリーダーとして活躍されてきた方々の集まりです。多様な考え方や意見があり、時には衝突することがあろうかと思います。しかし、年齢や職業、肩書を超えて、お互いを尊重し、思いやりの心を持って接することができれば、親睦が発展し、一生涯の友人を得ることができる大切な場所に成り得るのではないかと考えています。
例会場は、「一週間に一度、親友に会える場所」と思い、どうかロータリーを楽しんでいただきたいと思います。

今年の宇都宮北ロータリークラブは「寛容」と「行動」をキーワードに、会員のロータリー満足度の向上に努めて参りたいと思います。

一年間、どうぞよろしくお願い致します。