例会報告

2017.9.21第1562回 9月 第3例会印刷

SAA

山本直由S.A.A

ロータリーソング「奉仕の理想」

会長の時間

林田鐵弥会長

皆さんこんにちは。
 いよいよ2週間後に太城ガバナー公式訪問が近づいてまいりました。本日はその前段として、第2550地区第3グループAの佐伯ガバナー補佐をお迎えしての例会です。
 先週、現況報告書も出来上がり準備が整いました。
 本日は、佐伯ガバナー補佐よろしくお願い申し上げます。
それから会員皆様方へのお願いでございますが、先日もお話しましたが、10月22日に第2550地区の「親善野球大会」が予定されており、我クラブがホストを引き受けており、現在実行委員の皆さんに準備していただいております。
10月20日(金)が前々夜祭、10月22日(日)が本番の野球大会です。この事業は宇都宮北ロータリークラブのメンバーの皆さんが一丸となり全員参加で取組んでいただきたいと思っております。
実行委員会の皆さんの指示をいただき、会員の皆さんへ役割を色々お願いする事になりますので、ご協力をお願い申し上げます。

ニコニコBOX

大音正信委員

§第2550地区第3グループA 佐伯秀利ガバナー補佐
 今日はガバナー補佐訪問ですのでよろしくお願い致します。
§林田鐵弥会長
 佐伯ガバナー補佐、本日はよろしくお願い致します。お手柔らかに。
§藤田克彦幹事
 佐伯ガバナー補佐本日はよろしくお願い致します。誕生祝いありがとうございました。半世紀生まれました。
§鈴木 宏会員
 神奈川での地区大会、会長代理としてのお努め、無事完遂できました。
§田村吉幸会員
 本日、ガバナー補佐訪問、佐伯ガバナー補佐、よろしくお願い致します。先週、テーブルミーティングご参加ありがとうございました。手品師が突然現れ、目の前で見ましたが全然わからなかったです。技術の高さに感心しました。
§田村 晃会員
 佐伯ガバナー補佐、本日はよろしくお願い致します。妻の誕生祝、ありがとうございました。
§佐藤 晃会員
 佐伯ガバナー補佐、よろしくお願い致します。誕生祝いありがとうございました。お蔭様で66歳になりました。

活性化

幹事報告

藤田克彦幹事

理事役員会報告
§1年交換留学生(文星女子高校)推薦の件、承認
§台北龍華RC会員の例会に伴い、歓迎会開催のための出費の件、承認
§気仙中学校への支援10万円程度の出費の件、承認

幹事報告
§地区大会出欠のご返信がまだの方は至急ご返信願います。
§10月5日(木)ガバナー公式訪問のご出席をお願い致します。また、各理事、各委員長はクラブ協議会に於いて計画発表のご準備をお願い致します。
§10月20日(金)地区親善野球大会前々夜祭及び10月22日(日)大会当日は、ホストクラブですので両日ともクラブ会員全員でお迎えできますよう、ご出席をお願い致します。

地区親善野球大会実行委員会

田村吉幸委員

§地区親善野球大会プログラム広告の募集を致しております。皆様ご協力をお願い致します。

プログラム委員会報告

佐藤 晃プログラム委員長

§前回の卓話者、宇都宮自衛隊栃木地方協力本部 本部長 奥村昌一様より、御礼をニコニコボックスにご協力いただきました。

ガバナー補佐卓話

第2550地区第3グループA 佐伯秀利ガバナー補佐

私たち日本のロータリーは2020年に100周年という節目を迎えようとしています。そんな中、インターネットはメディア発展史上最大級の社会的影響を与えるものとされ、人工知能の発達もあり、未来を予測することは困難を極めるような気がします。そのような状況の中で、RIは時の流れの速い現代社会においてロータリーの競合団体が多くなり、ロータリーの特色が薄れ、会員のメリット、価値が薄れてきているため高いビジョンを持ち続け、行動することが必要だと説いています。そして正直に語り合える楽しい仲間を作り、目標に向かって進む仲間を応援し、相手に対する思いやりや、奉仕の方針を常に持つことが大切だと、第2ゾーンロータリーコーディネーター田中正規氏は述べております。私自身も、宇都宮城址公園にロータリー100年を記念して作成された、ロータリーの碑文「ロータリーは人を作り 友情を育てる」という言葉を目標にするようになってきました。
 今回は、皆さんの意識啓発と思い知的障がい者とスペシャルオリンピックスを紹介したいと思います。
日本理化学工業は従業員81人の会社です。その内60人が知的障がい者であり、27人は重度という事です。昭和12年創業であり、35年に2人から採用を始め今日に至っています。主に学校に収めるダストチョークを生産しています。最初の採用にあたり、禅寺のお坊さんより、「人間の究極の幸せは、第一に愛されること、二つ目は褒められること、三つ目は人の役に立つこと、四つ目は人に必要とされること」であり、「福祉施設で大事に面倒を見てもらう事が幸せでなく、働いて役に立つことこそが人間を幸せにするのだ」と教えられ雇用し始めたそうです。社員全員で、整理・整頓・清潔・清掃・しつけ当番をつくり、班長を決め責任感と誇りを待たせるようにしているそうです。
 それでは、知的障がいとはどういうものでしょうか?
一般に次の3点がそろっていることとされています。
1) 知的な能力の発達に明らかな遅れがあること。IQがおよそ70以下の場合。
2) 適応行動をすることに明らかな難しさがあること。
・言語を理解する・表現する。お金の価値を理解する。
・人との関係を築く。法律や決まりを守る。
・食べることや歩くこと、衣服のぬぎ着などの動作ができる。食事の準備や掃除、整理整頓
3)その障害が発達期におこっていること。概ね18歳まで

それでは知的障害者の特徴とは、どういうものでしょうか?
1) 言葉の発達が遅れる。
話し出すのが遅れること、その他に発音がはっきりしない。ただ話す言葉が少なくても、頭の中にはたくさん知っている言葉のある場合があります。
2)ものごとを理解するのに時間がかかる。
  「あか」「きいろ」「みどり」などの色が違うという事などを理解するのに、個人差はありますが時間がかかります。 
3) いろいろな生活技術を身に着けるまでに時間がかかる
自分で靴下をはくことなど
4) 初めての事や変化が苦手
毎日乗っているバスの色が塗り替えられていると違うバスだと思って乗らない。
5) 記憶することが苦手
いっぺんにいろいろなことを伝えると、そのうちの一部しか耳に残らないことがあります。
6) 集中が長続きしないことがある。
7) 自分で決めることに慣れていない
「自由にしていていいよ」と言われると何をして良いのか決められないことがあります。
8) 順番を待つのが苦手
一つの事を身につけるのに時間がかかるため、順番や勝ち負けをなどのルールは理解しにくいようです。
9) 動作がぎこちないことがある
2つの事を同時に行う事が苦手だったりするため、歩き方や姿勢にぎこちないことが多いようです。
10) 手先が不器用なことがある
箸や指で物をつかんだり、字を書くといった動作も苦手なようです。
11)思ったことや感じたことをそのまま言ってしまう事がある
  相手にとって嫌な事でも平気で言う事もあります。
12)人に頼ってしまう
   他の人と同じようにうまくできないことが、日常のあらゆる場面で起こるために、失敗するのではないかと不安になったり、自信が持てないことから生じます。

皆さんの意識啓発になりましたでしょうか?ご清聴ありがとうございました。

プログラム

佐藤 晃委員長

10月 5日(木) ガバナー公式訪問
10月12日(木) 振替休会(地区大会)
10月15日(日) 第2550地区 地区大会本会議
10月19日(木) クラブフォーラム クラブ奉仕委員会
10月26日(木) 振替休会(地区親善野球大会) 

出席報告

会員数 出席数 欠席数 出席率
43名 22名 27名 51.16%
前々回MU 前々回訂正 前々回訂正率
0名 0名 100% 夜間例会
ビジター
1名