例会報告

2015.11.12第1482回 11月 第2例会印刷

SAA

馬上源市SAA

国家斉唱「君が代」
ロータリーソング「奉仕の理想」

会長の時間

岩原臣男会長

11.3日の式典挨拶文
挨拶を申し上げます、本日は何かとご多用の所、中谷研一ガバナーをはじめ、福田富一栃木県知事・佐藤栄一宇都宮市長・台湾龍華(ロンファ―)ロータリークラブの皆様、そしてご臨席の多くの皆様の下、30周年記念式典が開催できますことに、当クラブを代表致しまして厚く御礼を申し上げます。
 宇都宮北ロータリークラブは、1985年11月5日(昭和60年)、宇都宮ロータリークラブをスポンサークラブとして、初代会長五味渕昭夫氏・会員28名で発足し、1995年には当クラブがスポンサークラブとして、宇都宮陽北ロータリークラブの設立に協力、その後亀和田辰夫・鈴木宏両氏のガバナーを輩出するなど、順調に発展し続けられましたことは、ロ-タリ-関係者の皆様の温かいご支援・ご協力・ご指導と、当クラブ先達のクラブに対する愛情と努力の賜物であろうと思います。
30周年記念行事と致しましては、
① 鈴木宏・30周年記念行事委員長及び式典実行委員長による式典の実行
② 中村弘記念誌、発行委員長による30周年記念誌の発行
③ 当クラブ内の親睦と融和を目的とした「山本直由 家族旅行実行委員長」による家族旅行  
④ 同じく当クラブ内の親睦と融和を目的とした「佐伯秀利 川奈ゴルフ実行委員長による川奈ゴルフ」
⑤ 青少年奉仕・地域青少年野球振興を目的として、公益法人全国野球振興会理事長八木沢荘六氏、及び国際ロータリー第2550地区パストガバナー森玄房(はるのぶ)氏のご協力をいただき「猪俣裕一野球教室実行委員長」による、「正しい野球練習・実技教室」を実施します。
以上5行事を、当クラブ全員のご理解・ご協力をいただき実行し、30周年を祝いたいと思います。
今から110年前(1905年)青年弁護士ポール・ハリス他3人は、シカゴにてロータリー設立の目的を“親睦と事業の共存共栄を図る”として立ち上げたことが原点の1つであり、その後、ドナルド・カーター氏の奉仕の思想が加わり、親睦と奉仕ということがロータリーの本来の目的になったと思います。

目的達成には、自分の職業・事業を通じて適正に社会に貢献し、奉仕の精神で身近に出来ることを確実に実行し、その積み重ねの延長線上に、国際親善・世界平和があると思います。
その為には、“誠実な行動で親睦・融和を図りお互いの事業を発展しょう”と言う事が大切に思います。
クラブの全員で良く相談しながら親睦・奉仕の向上を図り、今日が我がクラブの40周年に向けての第一歩と考え、更なる発展に努力しなければならないと考えます。
今日ご臨席の皆様の、ご理解・ご指導・ご支援を心からお願い申し上げ、私の挨拶と致します。ご清聴有難う御座いました。

ニコニコBOX

活性化

幹事報告

出席報告

会員数 出席数 欠席数 出席率
43名 %
前々回MU 前々回訂正 前々回訂正率